渋谷区などで結婚相談なら 

Five star 結婚相談所

〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-1-12 青葉台イーストビル3階
〒810-0014 福岡県福岡市中央区3丁目30ー26

03-6455-3785
受付時間
9:00~18:00
  定休日 
日曜 *土曜は要予約(メール・LINE等での相談は365日いつでも可)

└結婚相談所を使うメリット②
(同時進行・仮交際をするメリット・デメリット)

結婚相談所でよく耳にする“同時進行”というやり方。

複数の候補者とお付き合いを並行して行い、最も自分との相性の良い人を見極めるという方法です。

仮交際期間は複数の人とお会いして良いとされています。複数の人と同時に交流していくことで、結婚相手を決める時間を短縮でき、他の人との比較ができるなどのメリットが多い反面、相手に知られてしまった時のデメリットも考えなくてはなりません。

婚活で同時進行するメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット1 時間を短縮できる

恋愛にどっぷり浸かって盲目になるのではなく、
”自分のために”将来を見定めることを忘れないで!

一人の異性と集中してお付き合いすると、その人が全てとなってしまいます。

ついつい出会って1回目終了時にもう結婚後の生活を妄想してしまったり、周りが見えなくなってしまったり。

でも並行して複数の人と関わっていると、それぞれの個性を比べることが出来、自分と相性が合う人は誰かを現実的に判断しやすいというメリットがあります。

  •  同じじ質問をした場合、どのような答えが返ってくるか?
  •  それぞれのデートではどのような一日を過ごせるか?
  •  金銭感覚やある事柄について話した場合、自分との価値は近いか?

どの人が結婚相手としてふさわしいのか、将来どの人と一緒になれば幸せになれそうか、ということがはっきりと浮き彫りになります。

メリット2 時間を短縮できる

婚活してすぐに理想の結婚相手に巡り会えるとは限りません。

出会いがあっても、そこからお付き合いがスタートして、自分と相性が合うかなどを見極めていかなければなりません。

実際に1人の人とやり取りをして3~4回デートをし、「この人に決めた!」や「この人とは合わないな…」と何となく見えてくるようになるまでは、通常2か月程かかるといわれています。

ここでお付き合いが決まれば良いのですが、もし「合わない」となれば、そのお相手とお別れして、婚活パーティーに参加したり、マッチングサイトで条件に合う人を探したり…新たな出会いをまた一から探さなければなりません。

婚活を始めるうえで、「何歳までには結婚したい」という具体的な目標を持っている人もいるかと思います。

しかし現実は予定通りにはいきません。

相手と巡り会ってから交流を重ね、お付き合いに発展していくまでの間というのは、時間をかけてじっくり…という感じですので、1年なんてあっという間に過ぎ去ってしまいます。

しかし、お付き合いに至るまでの間、結婚相談所ではきちんと本人確認をし審査の通った方と複数の人と交流を重ねる(同時進行)ことで、自分に合ったパートナー探しの大幅な時間短縮が期待できます。マッチングアプリ等では簡単に嘘をついて経歴や婚姻状態を偽りやすいといった点でも、注意が必要です。

メリット3 短時間で場数が踏める

異性の心理というのは、本を読めば理解できるものではありません。

やはり、実際に経験してみないとわからないことがたくさんあります。

並行して複数の人と食事やドライブなどの交流を重ねることで、短期間で恋愛スキルを上げることができます。

男性は“どう接したら女性は喜ぶか”や“上手なエスコートのしかた”などを、女性であれば“居心地のよい存在になるには男性にどのように接すれば良いのか”といった恋愛スキルを短期間で習得できるようになるでしょう。

またコミュニケーション能力の向上にも役立ちます。

自分のコミュニケーションが高まることで、以前は話しにくい異性のタイプとも難なく話せるようになり、自分と相性の合う人の幅が増えたという喜びも得られるかもしれません。

異性と話すのが苦手という人も、場数を踏むことで、緊張せずに自然と会話ができるようになるということもメリットのひとつです。

デメリット1 会話が混乱してしまう

並行して複数の人とやり取りをするので、会話内容や誰と何を話したのかという内容で頭の中がゴチャゴチャになってしまうことが予想されます。

たとえばレストランを選ぶ際に「美味しいお店見つけたから、今度一緒にいきませんか?」とこちらからお相手を誘ったとします。

しかし「そのお店、先月行きましたよね」なんて事態になることも十分にあり得ます。

そんな事態が続けば、当然相手にとっては不愉快極まりないですよね。

またあなた自身も自然な会話がしにくくなり、うまくいくものもうまくいかなくなってしまいます。

並行して複数の人と交流をしていく場合は、「誰に何を話したのか」、「誰とどこへデートしたのか」等メモにまとめておくと頭が混乱せずにすみます。

少し手間とはなりますが、同時進行するうえではある程度の気を遣わなければならないということも覚悟しておきましょう。

デメリット2 罪悪感やリスク

短期間でより多くの異性を見極めることができる婚活の同時進行。

一般的な恋愛であれば許されませんが、本気で結婚相手を探している婚活の世界では、“一人の交際相手を決めるまでの間”という条件付きであれば、決して悪いことではありません。

しかし、「いくら一人に絞るまでの仮交際期間といえども、他の人と天秤にかけるなんて失礼なのではないか?」、「相手に対して誠実さに欠ける行動ではないか?」など、この同時進行に後ろめたさを感じてしまう人もいるようです。

性格が真面目で誠実であればあるほど、婚活の同時進行について疑問を感じてしまうでしょう。

そう感じている人は相手にも同時進行してほしくないと思っているはずです。もし今実際にお会いしている人が、自分の他にも並行して交流している人がいると知ったら、あなたはどう感じますか?

「まだ正式に交際しているわけじゃないから気にしない」と思えますか?

それとも「とても不愉快だ」と感じますか?

人は誰しも“自分だけを見ていてほしい”と思う気持ちがあるもの。
自分も他の人と比べられているのだと分かったら、複雑な気持ちになりますよね。

並行に婚活を行っている人を、結婚相手の候補として見たくないと思う人もいるかもしれません。

特に「連絡交換しているのはあなただけです」とか「結婚を前提に付き合ってください」とまで言っておきながら、並行して複数の人と交流していたことが相手に気づかれてしまった時は最悪でしょう。

人間としての誠実さに欠けると判断され、それっきりの関係になるかもしれません。

 

同時進行を行う上でのルール3か条

もしあなたが、複数の人と並行して交流しながら本命を見極めたいと思うのであれば、必ず守ってほしいことがあります。

  • 同時進行を相手に伝えない
  • 嘘は決してつかない
  • 本命が決まったら他の人との交流を断つ

この3つです。
婚活ですから、よりよいお相手と結婚するために何人かの方と同時進行をする人が多いという現実は、何となく想像できることです。

だからといって「実はあなたの他にも交流している人がいます」とわざわざお相手にお伝えする必要はありません。伝えられたお相手の気持ちを考えてみてください。「本当のことを言ってくれて嬉しい」となんて思う方はまずいません。

なぜ婚活で同時進行をするかといえば、まだ一人に絞れていないからです。

それなのに「あなたのことを好きです」とか「結婚を前提として真面目にお付き合いさせてください」なんて発言はしないことです。

相手は正式なお付き合いをしていると勘違いしてしまいます。
あなたはそのつもりでなくても、結果的に相手の気持ちをいたずらに振り回すことになってしまいます。

一人の人と本格的な交際をスタートしたい!と思い、お互いの合意にまで進んだら、そこで他の人との交流を断つ必要があります。

そのままズルズルと交流を続けていることが本命に伝わったら、関係は破綻しかねません。

これら3つのルールを守ることができれば、同時進行は悪いことではないと思います。

しかし、このルールを守れないのであれば、結果的に相手を傷つけてしまうことに繋がるので、同時進行はおすすめできません。

 

まとめ

以上が、結婚相談所で同時進行をするメリットとデメリットでした。

婚活においてはある程度の柔軟さが大事です。
特にメッセージのやり取りだけで、相手の本質を見抜くのはとても難しいことです。

複数の人とやり取りをする中で、最終的に一人に決めるというのは決して悪いことではなく、むしろ賢いやり方だと言えます。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。